'10秋展覧会探訪 奈良アートプロム2010 その2

さて、NAP巡り2日目・11日。
早起きしようと思っていたが、二度寝。

また12時過ぎに出発。
お昼を買いに、近くの昔ながらのパン屋へ。メンチカツロールとみかんパン購入。

今日はきたまち経由で行くために、やすらぎの道から一条通を東へ。

?suari会場(服飾&雑貨)
玉野由理(平面)

まず、このお店が古びた家にアンティークのアクセ、素敵な服に目を奪われる。
「Mado」と題して、窓から見える風景をデザイン化したものですが、
作家さんに聞くとその手法は大変そう。
窓に紙をあててそこから見える景色をそのまま輪郭線で写すらしい。
どこを書いているかわからなくなるとか、風景が変わるとかいろいろ苦労があるみたい。
インテリアとして置けそうな作品。


?koharu cafe会場
佐藤ゆう(平面・油絵)

ここの会場もかなりわかりにくく、迷ってしまう。
カフェの2階で、気さくな作家さんがいろいろと話をしてくださって盛り上がった。
本来は100号や150号という大きな抽象画を書かれているそうだが、
今回出品されたのはプラ板に油絵を書いたものを部屋にちりばめて展示されていた。
プラ板をつかうというのが新鮮。
その2階会場からの景色も若草山に大仏殿が見えていい感じ。



転害門(東大寺では貴重な奈良時代から変わらない姿)の脇で、パンを食らう。

焼門前の交差点から東大寺の敷地内へ。

?NATIVE WORKS会場(オーガニックの服や雑貨を置いてる店)
田中知幸(平面・ペン?)

こちらでも商品の方へ目がくらみ、作品がどこにあるかわからない。ちゃんとあった。
銅版画にも見えるような細線で描く。モチーフは皮肉的で、メッセージ性が強い。
この展示に寄せての作家のメッセージ(現代アートについて)を読んだが、
納得できる内容だった。



ついでに、話題の「工場跡」に潜入。
なぜ工場跡なのかというと、もともと乳酸菌飲料フトルミンの工場だったから。

まずは「研究室」の展示を見学。
「みつばちトート」という帆布トートを販売していた。
そして、事務室(カフェ)へ。
お昼を頂いたばかりなので、
カフェオレ500円とデザートのお楽しみ皿450円(セットだと50円引き)を注文。
ひっきりなしに人が来て、あまり落ち着かなかったな。脇の道を車は通りまくりだし。
ジモティは観光シーズン外すべし。


?東大寺大仏殿前公衆トイレ会場
藤田りよ(キューピーやぬいぐるみを使ったインスタレーション)

女子の多目的トイレでひっそりと。
メルヘンな世界にしているが、小さなキューピーがいっぱい並んでいると怖い。


?国際奈良学セミナーハウス 旧世尊院会場
招待作家展・しりあがり寿「おやじ山水」(映像インスタレーション)

今回のメイン!!入場料500円。
しりあがり氏独特のおやじたちがとにかく跳ねる跳ねる!
また、おやじがただ寝ているアニメ。
そして、変な体操(もしくはダンス)しながら、干支や徳川将軍15代・単位など
を言っていくという映像。
おやじ顔の四足の動物が走っていくアニメ。
どれもくだらなすぎて、でも釘付けで、一人で見てたら絶対声上げて笑ってた。
会場出た後、妙に爽快感があった。



長くなりそう、まだまだ続く・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR