こんぴらさんに行ってきました!金刀比羅宮編

スンマセン、更新滞りまくりで(/ω\)
忘れた頃の、金比羅さん編続く・・・


そう、あれは梅雨明けが宣言された、すでに超暑い7月の事だった・・・

金比羅さんへ続く階段・・・人がいない・・・当たり前か平日だもの。
金刀比羅宮の階段
この階段、全部で700何段あるらしい。熱中症になりそうでした。ヒェェ(||´Д`)

やっとの思いで門まで到達。
金刀比羅宮門

神馬が2頭いました。ちゃんといるの、初めて見た!(神仏習合っぽいな)
金刀比羅宮ご神馬(しんめ)
馬も暑そう。密かに扇風機あたってました(笑)


門からさらに上がっていくと、御本宮があります。

これは御本宮の横の展望。讃岐富士が見えます^^
御本宮からの眺め

こちら御本宮。お参りしました。
御本宮

江戸時代まで、江戸・関東地方の習俗で金比羅さんまで自分で行けない人が飼い犬に金毘羅詣でを託し代参させたという話があります。
そのため金比羅さんには「こんぴら狗グッズ」がいっぱいあります。
記念におみくじ引いてみました。ワンコの背中から・・・
開運こんぴら狗おみくじ

こんなんに入ってます。吉でした。
こんぴら狗おみくじ、ひいた
くじ以外にも、ワンコの小さな金のお守りが入っています。

****************

こちらは拝殿にあたる「旭社」
この建物、重要文化財だそうです。細かく見てみると、確かに彫刻など手が込んでいて立派!!
昔はこの拝殿が立派すぎて、御本宮に参らず引換した人もいるとか・・・
金刀比羅宮旭社

ここにきたもうひとつの大きな目的、表書院。

ここの書院には素晴らしい障壁画がたくさん残されています!
その中でいつも見られるのは表書院の円山応挙の障壁画
看板にもある↓虎図が有名ですヽ(・∀・)ノ
金刀比羅宮御書院
こういう書院の障壁画はルールが決められていて、
それさえわかればどこも同じといえば同じ、画家の表現の違いを比べながら味わうことができます。

記事にはしていませんでしたが(←オイ)、GW終わりに母と京都を観光したのですが
その時初めて二条城の障壁画を堪能しました。
あそこも探幽の松図など狩野派の障壁画が見られます。
それと今回の金比羅さん、障壁画いっぱい見ることができて幸せですo(^▽^)o

金比羅さんは若冲の天井画など他にも京都の人気絵師が描いた
いい作品が公開されていないところにいっぱいあるんです!!
「学生の頃、大阪市美あたりで金比羅さんの障壁画持ってきてたんだよな~、
そんとき見に行かなかったんだよな~、自分のアホアホーーー!
あ~~、惜しい!!見たい!!」

私の心の声・・・後悔先に立たずです。展覧会はちゃんと行こうって思いました。

建物内が涼しかったこともあり、じっくり見て
宝物館もあったのですが今回はパス。金比羅さんをあとにしました。

続く・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR