佐村河内守「ヴァイオリンのためのソナチネ」聴いてみた。

ちょっと前に、習い事の先生からCDをもらいました。
習い事に関する音源と、ついでに入っていたのが
佐村河内守氏の「ヴァイオリンのためのソナチネ」。

「これを聞いて休憩してください」ということらしいです。


クラシックやインストゥルメンタルは普段聞かないし、
「スゴイ名前?!どう読むの?」という感想しかなかったのですが、
聞いてみて、とっても印象に残る曲でした。で、たびたび流しています。


そうこうしているうちに、スポーツニュースで、
フィギュアスケート高橋大輔のソチ五輪シリーズのSPの曲に選曲されててビックリ!
高橋大輔のニュース

確かに、曲はドラマチックな展開で、
そういう耳で聞いてみると、どこを切り取って使うのか?
ここでジャンプかなとか、ステップか?!なんて流れを勝手に考えたり・・・
それはそれで楽しいものですw(そんなフィギュアファンでもないけど。。)


youtubeからの拾いものですが、聞いてみてください。(映像に関するツッコミはなしでw)



映画音楽なども手がけられているようなので、ほかの曲も聞いてみたくなりました。
↓HPには“現代のベートーベン”なんて書かれていますが、
 本人でもないのになんか恥ずかしいです・・・(/ω\)
佐村河内守 HP
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
佐村河内守は現代日本の作曲家で、一番人気がある人ではないでしょうか。

彼の交響曲第1番の反響が大きく、その曲のCDの売り上げも凄いです。

彼の作曲した「ヴァイオリンのためのソナチネ」は聞いたことがないので、聴いてみたいですね。

よんちゃん様

コメントありがとうございます!

> 佐村河内守は現代日本の作曲家で、一番人気がある人ではないでしょうか。

そうなんですね!
交響曲の方も聞いてみます!

最初、名前のインパクトが凄すぎて・・・
歴史畑のわたくしは「さむら・かわちのかみ」という名前かと思ってしまいました。。
失礼な話です^^;
プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR