樽見鉄道で行く淡墨桜

先々週の出張では、本巣市の淡墨桜(うすずみさくら)にも行きました。
私はそこの、道の駅やらうすずみ温泉に用があったんですがね。

大垣から樽見鉄道になって行きます。
ワンマーーン。
樽見鉄道

車内から。
樽見鉄道車内

駅に着いたら、それにあわせてシャトルバスがあり、うすずみ温泉まで直行。
今の時期は桜がある淡墨公園の近くに臨時バス停ができ、便利。

帰りにバスを途中下車。

公園にはぱらぱらと人もいましたが、まだまだ咲いていませんでした・・・
あったり前か^^(4月6日の様子)
咲いていない淡墨桜

もう今は咲いてるんじゃないでしょうか?
でも満開になるとすごい大渋滞が起きるらしく、なかなか大変。
樽見鉄道も通勤ラッシュ並みの混雑らしい。

咲いてない桜を拝んで、再び樽見鉄道。
たるみ

本巣駅から奥は、橋りょう、トンネルの繰り返しで、根尾川の上を走ったり、
乗っているだけでもなかなか楽しい列車でした!
また小さな無人の駅舎に桜が植わっており、咲いていたら絶対きれい!!と
頭の中で創造しながら通りました。

今回は終点の樽見まで往復、プラスうすずみ温泉の入浴券がついた切符を買いました。
普通なら大垣-樽見間往復900×2と温泉入浴料850円=2650円のところ、
な、な、なんと2200円!お徳!!

こういう私鉄もなかなか風情があっていいですな~^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR