HAPPY SPOT NARA (2月5日まで)

今日は節分。
イロイロと行事も行われますが、ちょっと違う話題。
(興福寺の鬼追い式行ってきました。その模様はまた。)


それは「HAPPY SPOT NARA」
なんとなく字面の可愛いのイベントです。

まちかどで(カフェの店先とかで)コレの旗があるのを見て、
「なんなんだ?!」と興味があったのですが、
調べてみたら障がい者の方によるアートイベントでした!


漢字にすると「奈良県障害者芸術祭」。
なんかな~~~漢字にすると本質が伝わらない感じだーー。

ホームページの冒頭に載っていたメッセージはわかりやすい文章で納得。

人にアート。人に笑顔。人に光。
 HAPPY SPOT NARAは、奈良ではじめての個性豊かなアーティストたちの芸術祭です。
 人と人をつなぐアートの力をいかして「渇きを癒す」空間を奈良につくりました。
 今、障害のあるアーティスト、いや、アーティストのなかに障害のある人が次々に生まれています。
 しかし残念なことに、彼らの表現が目に触れる機会は多くはありません。

 権威にすがらず、名声にもこだわらず、自分のありのままを真摯に表現する。
 そのようなアートを同時代の表現 として、COOL(かっこいい)な表現として、
 多くの人々にそれぞれの美的感覚で楽しんでほしいと思います。
 そこから生まれる感動や、生きる意味、幸福に気づいていただけることを願っています。
 アートと社会の新しいあり方を、ポスト1300年の奈良から提案します。



現代アートは、まちづくりや子どもたち・年配の方など様々な人と場所でつながって、
最近新しい動きが日本の中でも活発なように思います。

「障がい者の方が書いたからすごい、芸術的」、「(同情して)素晴らしい作品」と
悪気も無く多くの人が抱いてしまいがちです。
でも、私の中では「それは何か健常者/障がい者という軸しか見られていない」とずっと違和感がありました。
メッセージにもあるように一人の人間の「個性」の表現・モノの見方を感じながら
作品に向き合いたいところですね。


私が商店街で見た旗は「プライベート美術館」の企画の印だったようです。
ならまちや近鉄奈良駅周辺のお店で作品が展示されているそう。

他にも舞台や県立文化会館での展示、ワークショップなど盛りだくさんです!
2月5日まで開催中。

*****************************


HAPPY SPOT NARAホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR