中秋の名月と采女祭

昨日は中秋の名月でした。
夕方から雲が多くて、もしや雨か?と思いましたが、
雲の間からキレイなお月様が見えました^^



そして、猿沢池では「采女祭」が行われました。
近所なので買い物ついでに寄りましたよ~。

采女祭は帝の寵愛の衰えを嘆き猿沢池に身を投げた采女の霊を慰めるお祭です。
池のそばにちゃんと采女神社もありますよ!


行ってみると、予想通り多くの人で賑わっていました。
ちょうど龍頭の舟で天平の衣装に身を包んだミス奈良とミスうねめが
ちらりと見えました。

ミスうねめは福島県郡山市のうねめ祭から来られた皆さんです。
この采女が郡山出身(陸奥国安積の里)らしく、郡山市では伝説として残っているみたいです。
郡山うねめまつり


折角なので、采女神社にお参りしました。
「素敵な出会いがありますように!!」

そして縁結びのお守りも衝動買い!
采女えんむすびのお守り(ピンク)と普通のえんむすびのお守りがあったので
形がちょっと可愛い普通の方で。
えんむすびのお守り

↑采女神社は春日大社の末社なので普通のは春日大社のものです。
白地に藤の花が刺繍されていてかわいい☆ ストラップ仕様です。


実は随分前に采女祭でピンクの方をこっそり買ったんですが、
あまり効き目が無かったので・・・変えてみました(笑)


とにかくお月様がキレイに見えたので、
猿沢池に沈んだ采女も満足していることでしょう・・・


でも、今の猿沢池は身を投げても、ビックリするくらい浅い・・・だから、飛び込んだら怪我するぜ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR