潜入!天理教教会本部

いろいろ中断していますが、天理教の続き。


*********************

続いては、教会本部へ。

巨大な門。
天理教教会本部


それをくぐると
参考館からも見えていた、世界の中心「天理」の拝殿
(奥に見える建物です。)

まずそこからお参りすることに。


建物やその中はお寺のような感じ。
ただ、中央に「天理」という六角形の支柱があり、それに向かって皆さん参拝していました。

天理教は神道系なのか、
礼拝も柏手を打つし、宮司のような人が水干姿でした。

なにか御詠歌みたいなものを唱えている人も。
(今いくよくるよの「どやさ」と上島竜平のクルリンパを混ぜた動きで)


<簡単なお参りの仕方>
①腕を伸ばした状態で拳を膝の横につけ、礼をします。
②拍手を4回打ちます。
③また①の状態で礼をします。


なれない動きで超キョドる!


奥の建物は
天理教の三祖が祭ってある建物。

そこでもお参り。
神官らしき人が前に座っていて、ふざけたことはできない雰囲気。


こういった建物を結ぶ渡り廊下には
膝にサポーターをつけ、両手に雑巾で掃除をしている方が。

掃除も修行のうちらしい。
どおりで床つるつるやと思った!膝、痛めそうだぜ☆


そんな感じで見学終了。
妙な緊張感がありましたが、
こんな機会でもなければ来ないので、イイ経験になりました。

**********************

この周辺には「詰所」という宿泊施設があり、
そこに全国から集まった信者さんが行事の際など利用するという。

あと、駅までの商店街も天理教さまさまだろうな~。
あと、天理市もね!!!


夕方、近鉄奈良駅周辺に行くと
何かを唱えながら黒いはっぴを着た人々がいますが
その人たちは天理教の人々です。
運がよければ見られるかも・・・・(笑)


天理教について知りたい人はポチッと↓

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR