ごじょ的京の冬の旅 その三

六波羅蜜寺を後にして向かったのは、
六道珍皇寺!

六道珍皇寺
平安時代に創建した寺らしいですが、詳しいことはわかっていません。
これまたひっそりとありました。

あの世とこの世の接点「六道の辻」がこの付近といわれます。
小野篁(たかむら)が夜ごと冥界に通ったという伝説が残る
地獄への入り口とも言われる「井戸」が有名です。


テレビなどでよく特集されていて、
目立つ寺なのかと思っていましたが、そうでもなく。
人もおらず・・・


どうやらここは寺宝拝観するには事前予約が必要らしい。

右手の建物に、等身大(180センチ)とうわさの小野篁像が安置。
閉まった戸のガラス部分から覗く・・・これ等身大より大きくない?!

隣の篁が彫ったという閻魔像
これも有名。そしてデカっ!!


この迎鐘は毎年8月7日から10日にある六道詣りの際、
祖先の霊を迎えるために鐘をつくらしい。

六道珍皇寺迎鐘

冥界へ続く井戸も見てきました。

写メすればよかったですね?。
冥界へ続く井戸とか撮ったらだめかな?という
畏怖から撮りませんでした・・・・気にしすぎwww
見た目は普通です。
一応パワースポットになるのだろうか??

また一つ京都のひっそりと奥深い部分を見ることが出来ました。
六道珍皇寺(wiki)
小野篁(wiki)


引き返そうか、お腹すいた・・・
そう思いつつもここまで来たらいっとかないと!!
ということで、次の目的地へ。

京都の不思議スポットが気になった方はぽちっと↓
スポンサーサイト

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR