'10秋展覧会探訪 大和文華館

今日は奈良に帰りついでに、
京都の細美美術館開いてるかな?と思ったら閉まってたので
とりあえず中止。
去年の残り物を書いてしまいます。

**************************


12月26日までの大和文華館リニューアルオープン記念
館蔵品展覧会。

これまたギリギリセーフ。

近鉄学園前駅から徒歩10分ほどの
住宅地の中にある美術館です。
これは近鉄が建てた美術館で、
初代館長矢代幸雄という大変目利きの館長が
結構良いコレクションを集めて今の礎を築きました。
今回は60周年の記念にリニューアルしました。


展覧会第一弾は絵画。

ここの目玉といえば国宝松浦屏風
しかしそれは前期しかでていないので今回は見られませんでした。
ここで博物館実習をしたのですが、
10センチほどの距離で松浦屏風を見て、
近世絵画に目覚めたほど、迫力のある屏風です。


後期の目玉はチラシにも載っていた国宝一字蓮台法華経
尾形光琳筆扇面貼交手ハコ(竹冠に呂)、
岡田為恭筆春秋鷹狩茸狩図屏風。


室町の絵師、雪村の自画像呂洞賓図もいいよ?。
奈良だけど、意外と光琳や宗達の作品も多くありますよ。
岩佐又兵衛筆の源氏物語図屏風もなかなか。

こんなかんじで上げればキリがなくて、
ブログの記事にしづらい・・・


************************

いつものように行って、
綺麗になった駐車場とか、内装とかショップとか
最初に見て回ったんですが、
「どうもチケットを買うところがない!」

それでショップの店員さんに聞いたら、
建物ではなく坂を下った門のところで買わないといけないらしい。
(うわっ、はずかし!!!)
慌てて「ここで払ってもいいですか!」と懇願。
そうしたらそれでもいいみたいで「チケットお持ちしますね」と
対応してもらえた。

確かに、門のところにそれっぽい守衛室のようなところが
あったことを思い出した。
が、素通りした私。


店員さんを待っていると、事務局から見慣れた顔が!!

そこの知り合いの学芸員さんでした!

「おお!お前何してんねん!」
私は半笑いでカクカクシカジカ事情を説明。
なぜか店員さんにもお金を返してもらいました。
「お前、言ってくれたら招待券やるのに・・・」

展示を見つつ、近況を報告。
まさか、偶然会えるとは!お会いできてとても嬉しかったなあ。

「またひもじくなったら言えよ!」と言っていただき、
また年明け、飲みに連れて行ってもらおうと思います。
すごく厚かましいけどね!!!


という感じで、なんだかホッコリした展覧会でした。
レポになってないけど^ ^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごじょ

Author:ごじょ
ようこそおいでくださいました!

「ごじょ」とは正倉院宝物呉女面からとりました。
誰かさんに本物を目の前にして言われました~☆


上司には「唐三彩の侍女像」に似てるって・・・
この頃は否定しません・・・

生まれた時代を間違えた人間の記録です。

よろしければポチッとお願いいたします。

今更ですがTwitter、はじめました
今更感が満載ですが、なかなか記事を更新できない現状が有り、苦肉の策として始めました。ゆるっと気軽にやっていきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り
最新トラックバック
月別アーカイブ
文楽みくじ
意外と面白いですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR